FC2ブログ
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
2006
10/06
Fri
06:36:57
父の住民票
Category【 渡米準備(事務編) 】
大雨の中、役所にいき父の住民票を抜きました
住民票を抜くと印鑑証明も無効になるんだ~
(考えたら当たり前のことだけど、気づかなかったな)

出発前に私達の手続きもしなければ、遠くに住む親に代わりに提出に来てもらわなければならなくなる!
忘れないようにせねば


ブログランキングに参加してます
一回クリックお願いします



2006
09/26
Tue
20:13:20
Category【 渡米準備(事務編) 】
今日は引越し第二段(航空便)を送り出しました
M家父のすぐに必要だと思われる衣類だけですがダンボール2箱になりました
船便を出すときにも来てくれたKさんが、またまた手際よくぱっぱと荷造りをしてくれてあっという間にトラックに積み込み、秤で重量を量って残りのキロ数を教えてくれました
やはりプロの作業に感心
20060926202932.jpg



引越し荷物を出した後、隣の市にある県税事務所へ行き、普通自動車の納税通知書の住所変更を実家にしてきました
いなかに住んでいるといちいち隣の市まで出かけていかなくてはならず、面倒です
軽自動車は市町村の管轄だけど、普通乗用車は県の管轄なんですって
これでは手続きが一度にできませ~ん

ブログランキングに参加してます
一回クリックお願いします



trackback --  |  comment 0
2006
09/25
Mon
17:58:32
税務署
Category【 渡米準備(事務編) 】
納税管理人の選任届け「所得税納税管理人の届出書」と、住宅控除の適応を休止するための「転任の命令等により住居しないこととなる旨の届出書」(長っ)を税務署に提出してきました。
これらの提出には会社の辞令のコピーが必要でした(いまどき事例なんてメールでくることが多いと聞きますが、どうするのでしょうね?)。
住宅控除を受けるためには年末に居住していることが条件と記載してあったので、帰国したとしにはまた受けられると思っていたのに、賃貸した場合は帰国した翌年からの適応となりますと念を押されました。
ひどい
庶民いじめだ
それでも帰国したあとに再適応できるようになっただけありがたいと思え的なことも署員に言われました
2006
09/19
Tue
13:24:35
引越し~船便
Category【 渡米準備(事務編) 】
いよいよ本番の引越しでした
プロの仕事は速くてすばらしかったです。
P1010003.jpg

約3時間で梱包から積み込みまでが終了しました。
食器や衣類も最低限必要なものだけを残して、すべて積み込んでもらいました。
これからしばらくは不自由な生活が続きます。
でもアメリカで不自由するよりは日本で不自由したほうが不安が少ない気がします。
一足先に行ってらっしゃい
P1010001.jpg

track.jpg

2006
09/13
Wed
05:37:22
Category【 渡米準備(事務編) 】
住宅減税は年末に居住しているものだけが受けられるとの事で、秋に引っ越すエム家では今年度分の減税は受けられないということになる。
これはかなりの損。
仕方がないことだけど、損した気分です

そして住宅減税の申請書類は出国前に一度税務署に返して、帰国後にまた申請して用紙をもらう必要があり、これを忘れると帰国後にまた居住しても続きの減税を受けられなくなる可能性もあるらしい・・。
エム家と同じ境遇にある持ち家での海外赴任の方は注意が必要です