FC2ブログ
07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
2006
08/10
Thu
11:10:38
Hぴー抜糸する
Category【 子供たち(日本) 】
先日の怪我から6日たち、いよいよ抜糸の日です。あの日以来一度も「痛い」と口にしなかった強いHですが、今日はちょっとドキドキしている様子。
診察室に入ると夜中に処置してくれた医師が座っていました。僕のこと覚えてないかな~などと話しかけながらピンセットとハサミを手にとられました。それを見たHは「はちゃみできるの?」「はちゃみをつかうの?」と不安そう。動くと痛くなるよと母が横から注意すると、緊張した面持ちでじっと先生を見つめていました。「はい。おしまい。」と先生に言われたらぴょんと飛び起きて安堵の表情で母に笑いかけてきました。本当に強いHぴーです。お利口にできました。
スポンサーサイト



2006
08/10
Thu
11:04:45
日本では任意接種ですが、アメリカでは義務となっている”おたふくかぜ”ワクチンを接種しなければなりません。A型肝炎&B型肝炎の摂取から1週間たった今日、おたふくワクチンを打ちにかかりつけ小児科に行きました。先週は二人とも泣かなかったのに、今日は子供だけだからかTはウルウル、Hに至っては部屋の隅っこに逃げ出す始末
なんとか済ませて会計で受付のお姉さんにシールをもらうと機嫌がやや上向きになってきましたが、また1ヵ月後に肝炎の2本打ちが待っているのに・・・・。
はぁ~(母ため息)

この日Hちゃんは、午前中に抜糸、午後から注射と、試練の3歳児なのでありました