FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
2007
06/04
Mon
16:17:56
フィールド トリップ
Category【 子供達(アメリカ) 】
昨日からの雨
今朝になっても小雨がぱらつき、気温も低い状態でした
それでも朝から大はりきりの太郎は6時半に目を覚まし、まだか、まだかを連発

そうです!今日は遠足Milky Way Faemへ行く日


母はと言うと、3人分のお弁当を作って朝ごはんの用意をして大忙しよ


太郎の学校からのプリントにはBag lunchを持ってきてくださいと書いてあり、
母はなんだそりゃ状態


でもたぶん捨てられる袋に入れてきてくださいということだろうと予想して、オニギリをアルミホイルに包み、おかずは捨ててもいいジップロックコンテナに入れて持たせました
あとで聞いたら、茶色の紙袋に名前を記載して、全て捨てられるようなものを持ってきてくださいということらしい


あぁ名前書かなかったなぁ
反省・・・
次回からはそうしましょう



帰宅後にどうだった?
ときいたら、
「SHEEPとCOWとPIGがいたよ!」 (注:読むときは英語らしい発音でお願いします)
ほほ~!英語かよ~



天気はイマイチだったけど、楽しくてよかったね
キンダー生活最後にいい思い出ができたね



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックお願いしま~す




2007
06/03
Sun
15:41:33
3度目の野球観戦
Category【 おでかけ 】
3回目の公式戦観戦です
今日は勝つかな?
それ以前に雨が本降りになりませんように・・・

まずは腹ごしらえ
花が持っている長いパンは球場で一番美味しいらしい、チーズステーキ
M家父が買ってきたのはポークのチーズステーキ
はっきり言って美味しくない
次回はビーフにするとぼやいていました
このサンドウィッチの中にはレタスの一枚も入っていません
アメリカ人野菜も食べようよ
それにしてもこのサイズ、そして価格は$7.5(¥900くらい?)

太郎が持っているのも大行列ができるポテトフライ&チーズソース $7なり
母は持ってきたオニギリを食べました
P6030045.jpg



今日の対戦相手はサンフランシスコ・ジャイアンツ
序盤は連続で点を取られて、またまた負けるのか~とため息の連続でしたが中盤以降は逆転に次ぐ逆転でなかなか面白くなってきましたよ
そして雨も本降り
子供達にはレインコートを用意してきたけど、大人用のものは無い
しかも傘は持ち込み禁止だと思っていたので持って来ませんでした
(実は持って入れたようです)


雨宿りと子供達の退屈しのぎを兼ねて遊具のある場所でしばらく遊びました
P6030055.jpg



さてそろそろ席に着こうと戻ってみたものの、雨が本気で降っていて子供達も寒いと言い出すし~
エム家父に帰ろうよといっても、最後まで見るの一点張り
仕方ないので車で待っていることにして、子供達二人の手を引いて行きました

***そして見てない間に以下のような試合運びとなったそうです***
9回表で追いつかれ同点
その裏、さよならホームランで勝利
晴れていたら楽しい初勝利観戦だったのに・・・
やっぱりPHILLY’Sが勝つところは観られないのかしらね~


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックお願いしま~す




2007
06/01
Fri
15:58:14
空手教室もあと2回
Category【 子供の教育 】
4月から通い始めた空手も、残すところあと2回
太郎は今日も学校が終わって、昼食を食べたらすぐに出発です
でもなんだか、イヤイヤモード
「だって1時間長いんだもん・・・
前はあんなに楽しそうだったのになぁ

それでも こんなことをさせてもらうだけで、大喜びに変わりました
IMG_4711.jpg  IMG_4712.jpg


アメリカの習い事はだいたい3ヶ月単位で申し込みます
色々な体験をお気軽に出来るのが、とてもいいところだと思います
もちろん続けたければそのまま続けられるし、他の事をやりたければ後腐れなく辞められる
運動は続けていて欲しいので、こんどは別のジムに行ってみようかなと思っています