07« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.»09
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
08/31
Sun
19:58:05
Category【 アメリカで外食 】
危険地帯であろうとも、行かずにはいられないほどお気に入りのJong Ka Jib

我が家が知っている中ではコストパフォーマンス(満足度&味&値段)が最も優れている店だと思っています

今日は冷麺を頼んでみました
8-31 自転車練習 015

サムケタン編
所在地はこちら
その他のメニュー編

最初に持ってきてくれるキムチをたっぷり入れて(おかわりできます)食べるとGOOD
でも$10となるとやっぱりチゲの勝ちかな


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/31
Sun
12:15:44
コマなし自転車 猛特訓
Category【 子供達(アメリカ) 】
花はまだ、コマなし自転車に乗れません

でも、日本へ帰ったら練習する場所もない
アメリカだと、芝生だから転んでも大丈夫だし、なんといっても広い!

寒くなる前に何とか乗れるようになってもらおうということで、バレーフォージ(Valley Forge)へ行ってきました

お兄ちゃんは広い広い場所を好きなように走り爽快
8-31 自転車練習 005


泣きながら練習している横に鹿が出てきました
8頭の群れでした
かわいいバンビもいて、ちょっとうれしい
8-31 自転車練習 007


そして練習すること3時間半
やっと少し乗れるようになりました
8-31 自転車練習 013

まだまだぎこちなくて不安定だけれど、大変よくがんばりました

もう少ししっかり乗れるようになるまで、毎日練習です


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/30
Sat
16:46:45
Category【 アメリカの国立公園 】
アメリカは今日から3連休です
最後の夏、そして夏休み最後の3日間をヴァージニアにあるシェナンドー国立公園でキャンプして過ごそうと計画?無計画?

お昼ごはんを食べてからヴァージニアに向けて走りました
走ること約4時間半、目的地シェナンドー国立公園へ到着

ところが、この中にあるキャンプサイトはFULLのマークオンパレード

なんてこった!
こんなところまで来て、泊まる場所がない
公園の外のモーテルにでも泊まるかとも思ったけれど、あほらし~

結局そのまま国立公園をぐるっと一回りして、帰って来ました
帰路も、もちろん4時間半

シェナンドー国立公園の景色も、先日見てきたグランドサークルの国立公園に比べたら、日本の景色と同じやん
ここは紅葉が有名だということなので、そのころリベンジしに来ましょう

紅葉の時期とは違うからキャンプサイトも空いているだろうという目測が甘かった

ごめんよ、子供達
ただのドライブになってしまった
2008
08/29
Fri
19:45:48
Go Go Eagles
Category【 おでかけ 】
M父と太郎は二人でフィラデルフィア・イーグルスの観戦に出かけました

この時期、オープン戦が行われています

シーズン中の試合はチケットがなかなか手に入らないので、確か昨年もオープン戦を見に行きました

8-28 eagles 022

おかげで、今日も夜更かしです

明日の朝はゆっくり寝てもらわなければ、機嫌が悪くなって、母がもちません

残念ながら今日は負けてしまったそうですが、今年は強そうな噂も聞きます

秋はテレビで応援だな


2008
08/28
Thu
22:32:37
Category【 料理 】
ブドウの天然酵母でパンを焼きました

今回は酸味も無く、大成功!

焼き時間をもう少し長くしてもいいかなぁ

といっても水分も塩も目分量で入れてしまった

次回同じようにできるのかは不明です

食パン
8-26 002

クランベリーパン
8-26 003

いつもお世話になっている台湾人Cさんにもおすそ分け
気に入ってくれるといいなぁ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/25
Mon
14:44:13
お買い得品
ノリスタウンにあるREIに行ってきました
REIはスポーツ洋品店です

ただいまバーゲン中とはがきが来たので家族で出かけてみました
お目当てにしていた来年用の水着はなかったけれど、こんなものがこんなに安く買えました

太郎用 スキーブーツ  NORDICA製品です!
8-26 001

これ、なんと$11!!

レジのお姉さんも驚きの価格でした

日本に帰ってスキーに行こう!
アメリカでももう一回くらいは行けるかな?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/24
Sun
20:03:54
ランカスターでSLに乗る
Category【 おでかけ 】
突然思い立ってランカスターまでSLに乗りに行ってきました

ここには年に数回機関車トーマスがやってくるので、そのときに行く人が多いようです

我が家は突然思い立ったし、トーマスにはあまり執着心がないのでOK

45分間のツアーです

lancaster SL 006
8月だし気持ちのいいオープンエアーという窓のない車両を選んで乗りました
大人一人$14、子供$7だったかな?
lancaster SL 029
日本と違ってトンネルもなく、広いアーミッシュの農場横を走りました
風が気持ちいいです


M家父は大満足していたけれど、SLに乗るより、走ってるところを見たほうがいいんじゃないの?と思った母でした・・・


その後、駅の向かいにある博物館へも入館
模型の電車を熱心に見る二人です
lancaster SL 049


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/22
Fri
19:39:47
夏休みもいよいよ終わり
Category【 子供達(アメリカ) 】
太郎にとってこの夏最後のサマーキャンプが終わりました

この夏最後ということは、アメリカ最後のサマーキャンプということです

とても楽しいけれど高い冒険系のキャンプでした

ひろい敷地内の森を走り回って、とても楽しい一週間だったようです

最終日の今日は歌の披露がありました

去年は口ぱくだったけれど今年は歌えるのかなと思って期待して行ったけれど、やっぱりあまり大きな声では歌ってくれませんでした

ピクニック 001



さて、キャンプの打ち上げなのか、単なる骨抜きなのか、3家族夫抜きでシャンティクリアというキレイな植物園?公園?へ行ってピクニックをしました

子供達は走り回り、スプリンクラーでビショビショになり、さらに汗ビッショリになり遊び、母達はアルファー派でまくりの森林浴を楽しみました

長かった夏休みもいよいよ終わりに近づいてきました

帰国までの残り数ヶ月、最後まで英語も日本語もがんばりましょう



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります



2008
08/20
Wed
13:37:04
ず~っと欲しかったもの
Category【 帰国準備 】
半年くらい前からずっと欲しかったけれど、見に行ってはあきらめていたキッチンエイドのミキサー

ついに買ってしまいました

色は花の希望通り、RED

太郎がサマーキャンプに行っている間、さっそく花と二人でバナナケーキとパンを作ってみました

パンは今まで手で捏ねていたけれど、今後はこれにお任せかなぁ

パン生地を捏ねてくれている図
8-1920 008

あ~うれしいなぁ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/19
Tue
14:38:31
英語のテスト
Category【 子供の教育 】
10時から花のELLの英語力テスト(1対1)に行ってきました
例によって、お母さんはいないほうがリラックスできるというので、母はドアの外で待ってました

8-1920 001


英語力に関しては言っていることは大体理解できるようになっているので、特に心配はしなかったのですが、なんといっても恥ずかしくて声も出なくなる娘なのでそちらのほうが心配でした

でも一応受け答えもしていたようだし、今の実力をわかってもらえたのではないかと思います

そして午後からはピアノのおけいこ
8-1920 002
こちらも相変わらず先生の歌に合わせて一緒に歌うことができない花です
でもピアノは楽しいようで、がんばってます
アメリカの先生は褒め上手だから、嫌いになりようがないのかも??

さらにその後、最後のキャンプに行っている太郎のお迎え後、一緒に水風船を使って遊ぼうと誘ってもらい、Rちゃん宅へお邪魔してしまいました~
8-1920 003


最後の夏もいよいよ終盤
水遊びもプールも思い残すことないようにして欲しいものです

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/16
Sat
13:25:46
チャッキーチーズでBP
Category【 子供達(アメリカ) 】
お母さんは日本人お父さんはアメリカ人だけれど、日本語OKのお友達の誕生日会へ行ってきました

場所はチャッキーチーズ

子供達にとっては天国のような場所です

M家父は初めてのチャッキーチーズ

「こりゃ、子供にとってはたまらんなぁ」と感想

そんなことをいいながら、子供のゲームを横取りするM家父でした

tom B-party 007-1

こんな場所日本にはないもんね~

ここももう来ることはないかなぁ・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/15
Fri
17:28:23
2度目のセサミプレイス
Category【 おでかけ 】
もう朝夕は涼しくなってきたペンシルバニアです

2日券の1日分が残っているセサミプレイスへ行かなければ、寒くなってしまう!

子供達を二人連れて出かけてきました



前回は6月に行き、人も多く、水も心地いいくらいの気温だったけれど、8月後半ともなるとやっぱり水は冷たいし、人も少ないです

3人でチューブに乗ったり、ボート型スライダーに乗ったりして楽しんだけれど、やっぱり水は冷たい!!

母は冷たいのと寒いのは大きらい

都合よくパレードの時間になったので、子供達を引っ張っていきました
sesami place 014

ディズニー以外のパレードを見るのは初めて

やっぱりぜんぜん違います

それでも子供達はビッグバードやクッキーモンスター、エルモに大興奮

結局6時間ほど遊んで疲れて帰ってきました

楽しかったけれど、もう来ることはないだろう・・・


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります



2008
08/14
Thu
21:05:07
さっそくキムチチゲ店へ
Category【 アメリカで外食 】
旅行中、旨みというか、アミノ酸というか、とにかくおいしい物に飢えていたのでさっそくいつものちげ鍋やへ行ってきました

子供達もモリモリたべました おなかが空きすぎて、最初に出てきたナムルを食べる図
sesami place 007

大人はもちろんいつもなら残す量も完食


ちなみに店はJong Ka Jib

6600-6606N. 5th St.,
Philadelphia.,PA 19126

上記住所は危険地帯です
前回ここへ行ったときは、駐車場に警察が来る騒ぎにあいました

で、セキュリティ向上で防犯カメラが設置されていました
きっと度々狙われていたのでしょう

この駐車場だけが安心になっても、ここまでの道のりは怖いことに変わりない
とってもおいしい店なのに、道のりが・・・

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/10
Sun
13:44:39
いよいよ帰路へ
Category【 アメリカの国立公園 】
旅で使った色々なもの、たとえば、食器洗い洗剤や包丁、余った調味料 etc

こういったものを飛行機で持って帰るわけにも行かず、誰か必要な人がいたら・・・とおもって周りを見渡したけれど、突然アジア人に「これいらない?」と言われても戸惑うだろうなぁとおもったら声をかける勇気もでず・・・・

結局ゴミ箱へ・・・
あぁもったいない

こういうもののリサイクル場所をキャンプサイトが作れば、ぜったいにゴミは減るのにと強く感じます
飛行機に水物を持ち込んではいけないし、原油高騰で機内預けの荷物の重量も個数も制限され、有料化されているのだから、捨てて帰る人も多いはず

本当に何とかならないものかと思います


帰り支度も整い、最後にこの旅行で獲得した各公園のジュニアレンジャーバッチをつけて記念撮影
7-25 615
二人ともよく勉強して、よく歩いて、よく食べました

もうこんなところまで家族では来れないよ~
しっかり記憶に刻んでね


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/09
Sat
14:02:56
Category【 アメリカの国立公園 】
いよいよ今回のたびも終盤です

ラスベガスを目指して帰るのですが、ちょっと寄り道

メテオ・クレーター(正しくはバリンジャー・クレーター (Barringer Crater) ?)へ立ち寄りました


周りに比較するものがないので、大きさがわからないですが、
直径約1.5キロメートル、深さ約170メートルもあるんです
7-25 606
砂漠なだけに木も生えず、まさにクレーターという状態で観察できる
これもまた宇宙に生きてるんだなぁと感じることができる場所でした



さぁ、いよいよ明日の飛行機で帰ります
ラスベガス目指して最後のドライブへ出発!

ここからの道では、途中、Rt.66(ディズニーの映画「カーズ」の舞台となった道です)を通るのを太郎がとても楽しみにしています

少し遠回りになるけれど、そこを通って帰りました
Rt.66は本当に何も無い田舎道、日が暮れると街頭もなくまっくら
そこを延々走り、ラスベガスの水源であるフーバーダムを通過
    このとき、セキュリティーチェックをすべての車が受けなければなりません
    我が家はRVだったので、中まで調べられました

その後もしばらく真っ暗な道を走り、丘を越えると目の前にパァ~っとラスベガスの町が広がるのです
この眺めのすごい事

これを素晴らしい眺めだと感じる人も多いと思いますが、私は人工都市の異様さを先に感じてしまいました

あの素晴らしいキャニオンを沈めてまで作っている電気をこんな風に使わなくても・・・・
などと思ってしまうわけで・・・
そういう私だって電気なしで生きていけないけれど、やっぱり節電に励もうと気持ちを新たにしました

明日は帰り支度で朝から忙しいぞ
2008
08/08
Fri
21:52:49
グランドキャニオン 2
Category【 アメリカの国立公園 】
お母さんが目覚まし時計のセット時間を1時間間違え、朝3時半に全員起床となりました
 (だって時差があったりして、ややこしいのですよ!この辺りは・・・

で朝日を見ることができるMothers Pointへ移動しました
この移動もシャトルバスです
乗用車での観光もできますが、環境保護のためなるべくシャトルバスを使って欲しいそうです
我が家はRVなので、どちらにしてもシャトルバスを利用することになりますが・・・できれば皆さんシャトルバスで移動してあげて欲しいものです

7-25 546

グランドキャニオンは朝日と夕日の時間帯に影ができる姿を見なければ意味がないそうです
日中の姿とは全く違う奥深い表情を見ることができるとか・・・・

7-25 544
確かに朝日が昇り始めてからの1時間ほどは、座ったままじっと景観を眺めているだけでもあきませんでした

さて、朝の素晴らしい景色を堪能した後は、またまたファミリープログラムに参加しました
これはディスカバリー・プログラムといって、双眼鏡や色鉛筆、図鑑などを貸してくれて説明を受けながらグランドキャニオンの自然を観察しようというもの
7-25 566

またまた参加者は我が家のみ
レンジャー独り占めの楽しい時間となりました
本当にレンジャーも優しくて、勉強にもなるプログラムです

このプログラムを終了して、ジュニアレンジャーとディスカバリープログラム終了証をもらいました
7-25 568


夕方からはコンドル探し&夕日をみるために再び外出
コンドルを見ることができるポイントらしい、Angel Lodgeへ行ってみたけれど、残念ながらめぐり合うことはできませんでした

7-25 595

コンドルに会えなかったのは、ものすごく心残りだなぁ
2008
08/07
Thu
21:30:06
Category【 アメリカの国立公園 】
いよいよグランドキャニオン国立公園へ入りました
余談ですが、ここへ来ると、とたんに日本人率がぐんとUP!
grandcanion.jpg

着いて早々ですが、さっそくレンジャープログラムFossil Workに参加することに
これは化石を探すツアーで、化石の探し方や説明をしてくれるというものでした

こんな崖の上にどうしてスポンジや貝の化石がたくさんあるんだろうと考えて答えを見つけてくれるといいなぁ
7-25 538


ここには多くのコンドル(鷹)が生息しています
コンドルは飛ぶ鳥のなかでは最大
模型がおいてありましたが、ものすごく大きい!
これは是非飛んでいるところを見たいものだと思いました

とりあえず、今日は寝て、明日の朝、朝日を拝みに出かけるとしましょう
2008
08/06
Wed
10:05:58
グレンキャニオンダム
Category【 アメリカの国立公園 】
コロラド川の土砂を沈殿させて、西海岸の水資源であるフーバーダムに泥が流れ込むのを防ぐために作られたグレンキャニオンダム

グレンキャニオンはかつてグランドキャニオンよりも美しい渓谷といわれていたそうです

ここ数年水位低下が問題となっていたらしいですが、はるかコロラド川上流に昨冬多くの雪が降り、今年は水位がぐんと上がったと説明を受けました

ここではダムの見学ツアーに参加してみました
7-25 517



そして、ここから近くにある見所ポイント Horseshoe Bend へも足を伸ばしてみることに・・・
コロラド川が馬蹄型に曲がるという場所
国立公園のパンフレットでよく見かける風景です

駐車場から15分ほどのトレイルなのですが、日陰は1箇所も無い!
日差しは刺すようにキツイ
持って行った500mlの水3本もあっという間に飲み干してしまいました

本当にキツかった
おまけについても断崖絶壁、柵も何も無い!
太郎がちょっと覗きに行くだけでお母さんは腰が抜けてしまいました
7-25 528




さぁ残す公園はグランドキャニオンのみ!
これまで見てきた国立公園の集大成なのでしょうか
それとも、全く別のもの???
楽しみです


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/05
Tue
16:03:34
メサベルデ国立公園
Category【 アメリカの国立公園 】
さあ、MOABの町をあとにして、私が一番楽しみにしていたMesa Verde国立公園(コロラド州)へと向かいます
                                                  場所はここ
mesa verde


ここはアメリカの国立公園では唯一、自然遺産ではない公園
人間が作り上げた遺産です

紀元後700年ごろ、このあたりに住んでいた人たちの住居がそのまま残っているのです
なぜこの断崖を下った場所に住居を構えたのか??
なぜ1400年ごろに突然住居を捨てて姿を消したのか??
なぞはまだ解明されていないのだそうです

まずはバルコニーハウスをレンジャーツアーに入って見学しました
(世界遺産はやっぱりレンジャーと一緒でないと見学できないのね)
この断崖の家へ降りるには高さ20Mのはしごを上らなければなりません
降りるのに登るというのも変ですが、現代人が歩いていけるルートはそういうことになっているのです

7歳児の太郎はスイスイと登っていきました
できるかなと心配した5歳の娘(高所恐怖症気味)もうしろからガードしてなんとか登りきりました
周りからは「すごいわね~勇気があるわね~」と褒められたりして7-25 303-1

昔の人たちは、こんな断崖絶壁をどうやって降りていたのか?
レンジャーによると、ロッククライミングのようなことをして降りていたとのこと

この写真は対岸から撮ったものです
7-25 305
この建物の中には壁画が描かれていました
7-25 311


このメサベルデ国立公園はとにかく広い!

我が家の車はRVです
小回りが利かないのです
燃費が悪いのです

まずはクリフパレス ここまでビジターセンターよこのRVパークから最低20分はかかります

こういう崖の下に住居跡があるわけです
なんでこんなところに・・・謎は深まるばかり
7-25 299


ここは園内で一番大きな遺跡
やっぱりすごい
7-25 358




午後はロングハウスとよばれる遺跡へ
ここまでの距離も相当です
ビジターセンターから50分ほど車で行かなければなりません

ここは昔150人ほどが暮らしていたと考えられています
崖の下には水の湧き出す場所があり、そこには穴が掘られていました
貴重な水だったに違いありません
7-25 285

キバと呼ばれる儀式をするための円形広場 火を焚くための空気溝まであり、感心しました

崖から落ちたら一発ですが、ちゃんと壁まであります
これは強度を調べたら今でも問題ないほどの作りになっているそうです
もちろん昔のままのオリジナル
7-25 267

最後はやっぱり登って崖の上にあがります
7-25 296


いや~興味深かったなぁ
まだまだわからない事がたくさんあり、研究が進んでいる途中というとこでした
10年後にまた来たら、違う情報を教えてあげられると思うよとレンジャーが言ってました

10年後に戻ってくることはむずかしいだろうなぁ
子供達にその夢を託そう


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/04
Mon
11:25:08
Category【 アメリカの国立公園 】
arches1.jpg


ここもまたコロラド川の水が作り上げた公園
広い公園の北側 Island in the Sky と呼ばれる地域だけをまわりました


Mesa Arch これもアーチぎりぎりまで行くことができます
ヨーロッパ人は平気でアーチの上に上っていたけれど、我々は到底無理
ものすごい高さがあるのです

7-25 045


その後、キャニオンランドでもジュニアレンジャーになろう!ということで、ファミリープログラムに参加
今回もまた我が家だけの参加で、レンジャーを独占です
どうやってこういう景色が出来上がったのかをしっかり説明してもらい、がけっぷちで写生大会です
7-25 2121

みごと質問にも答え、ジュニアレンジャー証明書とバッチももらいました

とても楽しいファミリープログラムです
国立公園めぐりをされる機会がある方は是非参加してみてください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります



2008
08/03
Sun
22:30:58
アーチーズ国立公園
Category【 アメリカの国立公園 】
ここらで、位置などご紹介
今回のたびはグランドサークルを回りました アメリカのこのあたりをそう呼びます
grandcercle.jpg

このサークルを拡大するとこれ 左下の大きな緑色の国立公園が皆さんご存知グランドキャニオンです
arches.jpg


二つの国立公園が隣接するので、その拠点となるMOABという街に滞在し、両方の公園を見ることになります
MOABは大きなチェーンスーパーもあり、食材の補給をすることができて助かりました



4箇所目はアーチーズ国立公園 上の地図、右上のピンク色の丸で囲んだ国立公園です

世界で一番たくさんのアーチ(岩に穴が開いたもの)が存在するという場所

アーチではないものの、なぜこんな形に残ったのか首を傾げてしまうような岩
バランスロック
7-25 138
ぐるっと岩の周りを一回りしましたが、どこから見てもなぜ落ちないのか不思議な感じがしました

そしてもう一つ短いトレイルを歩いて見に行ったダブルアーチ
これは一つの岩からV字型にアーチが二つ伸びている珍しいものなのだそうです
7-25 146


お昼ごはんをRVの中で済ませ、午後1時からのファミリープログラムに参加しました
これは無料でレンジャーがポイントを説明しながら観光するというプログラムです

今回の場所はサンド・アーチ  ここの砂、めちゃくちゃ熱い!火傷しそうでした
7-25 180

パークレンジャーはどうやってアーチができるのかをわかりやすく説明してくれました
どこの国立公園のレンジャーも優しいです
色々と道具を使って教えてくれるので、英語が少ししかできなくても大体理解することができます
どのファミリープログラムに参加しても、参加者が少ない!
ものすごくためになるし楽しいのに、参加する人が少ないのが不思議だ~




そしてこれが現在穴の開いているアーチとしては世界一の大きさを誇る
ランドスケープアーチ この写真では大きさがわかりにくいけれど、幅89Mもあるのです
近年大きな崩落もあり、アーチの姿が崩れてしまうのも時間の問題なのでしょう
危険なためトレイルが封鎖されていて近くまで行くことはできませんでした
7-25 261




ここにあるデリケートアーチはユタ州のシンボルで、車のナンバープレートの絵に使われています
これを見ずして、帰れない!ということで、最も美しいとされるサンセットの時間に合わせてトレイルを行くことにしました
このトレイルは2.4Km 勾配があり、日差しの和らいだ夕方でも結構辛い

途中のがけは柵もなく、滑り落ちても自己責任です
おまけにトレイルの目印が非常にわかりにくい!
石を積み上げたケルンと呼ばれるものが設置されているのだけれど、これが小さいのもあったりして迷う人もいるそうです

それでもなんとか片道1時間以上かけて歩いた先にはこの美しいアーチを見ることができました
子供達も文句も言わずよく歩きました エライ、エライ
7-25 199
これは見る価値ありです!


サンセットが美しいこのアーチですが、帰り道が暗くなるので、懐中電灯は必須です!
先にも言いましたが、ケルンが見つけにくかったりして迷ったり、つるつるの岩の上を歩くのがとても危険です

夜空には今まで見たこともないくらいの星!
宇宙のなかに生きてるんだなぁと実感することができました

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります





2008
08/02
Sat
12:39:40
Category【 アメリカの国立公園 】
3箇所目はキャピトルリーフ国立公園

ここはガイドブックにも辺鄙な場所と書かれているほど奥にあります

ほとんどの場所が未舗装道で、4WDでなければ困難だとのこと

我が家の車はなんと言ってもRVなのでキビシイ・・・

でもこの公園にはがある

で、先住民もここに住んでいたらしく、彼らが残した岩絵があるのだそうです



それを見るトレイルへ出かけることにしました

4WDだとトレイルの入り口まで車でいけるのだけれど、我が家は無理

トレイルの入り口までの2マイル=3KMを歩かなければなりません

行きは午前中だったこともあり日陰が多く、それほど体力を消耗することなくトレイル入り口までいけました
とはいってもかなりの距離 まだ続くのかと思うとゾッとします
足取り重く・・・
7-25 118

昔はここは水の底だったんだとよくわかる岩
travel2008 137



この奥に先住民の岩絵がありました
travel2008 141


そして先駆者達(始めてここまでたどり着いた白人ということでしょうか)の落書きもありました
でも、昔の人が書いたのか、現代の人が書いたのか区別がつきませんでした
*今も昔も落書きはいけません

帰り道は日陰一つない炎天下をまた2マイル戻らなければなりません
車でトレイル入り口まで来た人たちが土煙を上げながらブンブン追い抜かしていきます

中には乗せてあげようか?といってくれる人もいましたが、4人同時に乗り込むのは不可能であきらめました

何とかビジターセンターへたどりつき、子供達はジュニアレンジャープログラムも完成させ、みごと!ジュニアレンジャーバッチをもらうことができました

このジュニアレンジャープログラムはどこの国立公園にもあるようです
ビジターセンターで聞いてみると、何をすればジュニアレンジャーになれるのか教えてくれます
大人にも勉強になるので、参加してみると楽しいです


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


2008
08/01
Fri
21:34:46
Category【 アメリカの国立公園 】
ブライスキャニオン国立公園 (ユタ州)

午前中にサンセットポイントからサンライズポイントまで歩きに行きました
そしてそのままナバホ・ループトレイル
総距離:3.7Km これ砂漠の日差しの中を歩くのはかなり厳しいトレイルです

でも前半は谷底へ降りていく下り道、しかも日陰!これは快適なお散歩でした
上に見える一番小さな人のところもずっと歩いてここまできたのです
7-25 073

travel2008 089



そしてウォール街(Wall Street)の谷底にはなぜかモミの木が一本生き抜いていました
すごい生命力です
travel2008 092




インスピレーションポイントからみた景色 この谷底をラマに乗って歩くツアーもあるそうです
travel2008 111

このブライスキャニオン国立公園の岩の形と色が、なんとも美しくて感動しました
今回の旅行全行程を振り返ってみても、私の中でこのインスピレーションポイントからの景観がBest1です

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。