FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2006
08/28
Mon
10:12:29
エム家父は何年も前から気になっていた腕にあるおできを検査してもらうため、やっと重い重い腰をあげて総合病院は皮膚科の戸をたたきました。

産業医から最初に紹介されていった某○済病院では、若い女医さん2人に「私たちにはわかりませ~ん」と言われただけで¥2000も払うという悲しい結果になってしまいましたが、次に紹介されていった△大学病院では病理検査をして摘出しましょうと言われました。

今日は病理検査のつもりで出かけていったのに、診察室でいきなり摘出してしまいましょうと言われて、心の準備が整わないまま摘出処置となりました。(もちろん十分な説明と同意をしてからの処置です)

そういうことに関しては全く度胸のないエム家父ですから、かなりビビッていたことだろうとエム家母は思っています。

今は痛いけど、ずっと気になっていたシコリを取り除き、安心して渡米できるのだからよしとしましょう・・・ネ。
スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。