FC2ブログ
05« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»07
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
--
--/--
--
--:--:--
スポンサーサイト
Category【 スポンサー広告 】
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --
2008
01/01
Tue
16:41:14
Category【 フロリダ 】
1000マイルのたびの岐路は、夜行列車に乗り込みました

フロリダのSANFORDという街から、ヴァージニアのLORTONという街まで約17時間の旅です

まずはここでチケットを見せて車のチェックを受け、車を預けて人間だけ乗り込みます
P1010226.jpg


アメリカ人はみなMY枕を持ってきていました(結構な荷物なのにスゴイ)
そして客車はすべて2階建て  (クリックすると拡大します)
IMGP1248.jpg

この中に車が乗っている
P1020275.jpg


出発時刻よりも10分ほど早く列車は動き出しました

これにはかなり驚きました
日本的な感覚で、時間ギリギリまで外にいたりしたら大変なことです

午後4時に出発して少しねると夕食のお呼び出しがかかりました
予約制で順番に食堂車へ食べに行くのです

こんなディナーも料金込みです 白ワインもデカンタでテーブルに置いてあるというサービスっぷり
P1010242.jpg


私は魚を注文     デザートも数種類の中から選ぶことができる
P1010243.jpg      P1010245.jpg
ラウンジでトランプをしたりして夜行列車のたびをのんびりと楽しんだ元日の夜
普通のテレビでですが映画も上映されていたりして・・・

子供達は結構普通に寝られました
本当なら寝台車に乗りたいところですが、満室で部屋は取れず、普通の椅子の車両に乗り込んだエム家なので、大人は我慢

でも、前の椅子との間隔も広く、足置きが地面と平行なところまであがるので、想像していたよりはずっと楽チン

に寝ているつわものもいたりして、アメリカだなぁと感心



そんな風に一夜を過ごし・・・・朝
外の景色も寒い地方の針葉樹林ばかりに・・・・あぁ帰ってきたんだなぁ~

朝食  ベーグルとシリアルが置いてあって満足大
      ベーグルにクリームチーズと葡萄ジャムを塗るとおいしかったですよ


こんな風にして時間は過ぎ、いよいよ到着です

列車から順番に車が下りてきて、レーンまで運んできてくれたら番号を呼ばれるという便利なシステム
P1020281.jpg


ここから家まで約3時間ほど走らなくてはいけません
でもそんなのたいした距離じゃない~

この列車の旅はかなりよかったなぁ
今度はこれでキーウエストへ行くか~?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります










スポンサーサイト


管理人にのみ表示


TrackBack-URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。