FC2ブログ
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
2008
06/12
Thu
10:41:07
またまた、お別れでした
Category【 英語の壁 】
アメリカに来て2ヶ月くらいのころから、ずっとボランティア(無料)で英語をアパートまで教えにきてくださっていたM先生が、ランカスターにお引越しされることになりました

昔、北海道に9年くらい?住んでいたことがあり、簡単な日本語ならわかってくれるという、英語の壁をひしひしと感じている英語初心者にはもってこいの先生でした

日常に使うであろう単語の発音を丁寧に直してくれたり、主婦の生活に密着した英語を教えてくれて楽しい時間だったなぁ

突然の決定だそうで、先週この話を聞いて、今週で最後の授業です

1年以上お世話になっていた先生だけに、とても寂しい

6-12 field trip 001



「Keep in touch ね!」といってお別れです

ここのところ、お別れ続きだなぁ
さみしいなぁ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


スポンサーサイト





管理人にのみ表示

りょうさん
日本の文化を理解してくれる人は貴重だとつくづく思います
アメリカに生活してみて始めて痛感する文化の違いというか、考え方の違いはなかなか伝えるのが難しいです
私の英語は、もういいかなぁ・・・・
M家 | #- | URL | 2008/06/16 Mon  12:25 [ 編集 ]
おね太郎さん
たしかに、無料のところは午前中の限られた時間か、ピックアップの時間に重なっていたりしますね
でも、値段と質は必ずしも比例しないように感じます
自分にあった先生が見つかるといいですね
その点、この先生のクラスは楽しく過ごせたなぁと感じていただけに残念です
M家 | #- | URL | 2008/06/16 Mon  12:23 [ 編集 ]
片言でも日本語が話せる先生は、貴重ですよね。うちの場合、日本にいたときに知り合った米軍の方が、たまたま転勤でDCに来られて、そのときにいろいろ助けてもらいました。日系の方なので、日本語も少しだけなら話せるし、日本の文化もご存知の方なので、親しくしていただきましたが、近々、また転勤されるということなので、さみしいです。
こちらに長く居ると、見送るばかりで、寂しいことが多いですね。
りょうさん | #- | URL | 2008/06/16 Mon  10:02 [ 編集 ]
簡単な日本語なら分かってくれて
ボランティアの先生なんて最高ですねー。
しかも主婦の生活に密着した英語って一番必要ですもの。

語学系はどうしてもお高いか、無料のESLで時間が選びにくい
と今痛感しています。(Tωヾ ) シキュシキュ・・・


お別れはさみしいけど、いつかご縁があれば再会できる。と信じたいものです。
おね太郎 | #- | URL | 2008/06/15 Sun  18:13 [ 編集 ]

TrackBack-URL