FC2ブログ
08« 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.»10
2006年秋~2009年春 家族[父・母・長男(5~7歳)・長女(3~5歳)]でアメリカ東海岸での駐在生活をおくりました。819日間のアメリカ滞在奮闘記。フィラデルフィアの楽しみ方満載?です。
2008
08/05
Tue
16:03:34
メサベルデ国立公園
Category【 アメリカの国立公園 】
さあ、MOABの町をあとにして、私が一番楽しみにしていたMesa Verde国立公園(コロラド州)へと向かいます
                                                  場所はここ
mesa verde


ここはアメリカの国立公園では唯一、自然遺産ではない公園
人間が作り上げた遺産です

紀元後700年ごろ、このあたりに住んでいた人たちの住居がそのまま残っているのです
なぜこの断崖を下った場所に住居を構えたのか??
なぜ1400年ごろに突然住居を捨てて姿を消したのか??
なぞはまだ解明されていないのだそうです

まずはバルコニーハウスをレンジャーツアーに入って見学しました
(世界遺産はやっぱりレンジャーと一緒でないと見学できないのね)
この断崖の家へ降りるには高さ20Mのはしごを上らなければなりません
降りるのに登るというのも変ですが、現代人が歩いていけるルートはそういうことになっているのです

7歳児の太郎はスイスイと登っていきました
できるかなと心配した5歳の娘(高所恐怖症気味)もうしろからガードしてなんとか登りきりました
周りからは「すごいわね~勇気があるわね~」と褒められたりして7-25 303-1

昔の人たちは、こんな断崖絶壁をどうやって降りていたのか?
レンジャーによると、ロッククライミングのようなことをして降りていたとのこと

この写真は対岸から撮ったものです
7-25 305
この建物の中には壁画が描かれていました
7-25 311


このメサベルデ国立公園はとにかく広い!

我が家の車はRVです
小回りが利かないのです
燃費が悪いのです

まずはクリフパレス ここまでビジターセンターよこのRVパークから最低20分はかかります

こういう崖の下に住居跡があるわけです
なんでこんなところに・・・謎は深まるばかり
7-25 299


ここは園内で一番大きな遺跡
やっぱりすごい
7-25 358




午後はロングハウスとよばれる遺跡へ
ここまでの距離も相当です
ビジターセンターから50分ほど車で行かなければなりません

ここは昔150人ほどが暮らしていたと考えられています
崖の下には水の湧き出す場所があり、そこには穴が掘られていました
貴重な水だったに違いありません
7-25 285

キバと呼ばれる儀式をするための円形広場 火を焚くための空気溝まであり、感心しました

崖から落ちたら一発ですが、ちゃんと壁まであります
これは強度を調べたら今でも問題ないほどの作りになっているそうです
もちろん昔のままのオリジナル
7-25 267

最後はやっぱり登って崖の上にあがります
7-25 296


いや~興味深かったなぁ
まだまだわからない事がたくさんあり、研究が進んでいる途中というとこでした
10年後にまた来たら、違う情報を教えてあげられると思うよとレンジャーが言ってました

10年後に戻ってくることはむずかしいだろうなぁ
子供達にその夢を託そう


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2つのブログランキングに参加してます
下のボタンを一回ずつクリックしていただけると励みになります


スポンサーサイト





管理人にのみ表示


TrackBack-URL